プロフィール

子どものころの私

自分の世界を持っている子でした。
一応、女子でしたが、仲良しは男の子ばかりで
恐竜と宇宙と食虫植物の図鑑が大好きでした。
どの女子グループにも属さず、
中学・高校でも、「人とは違う自分」を
いつも意識していました。
ちょっと気取ったいい方をすれば、

私は誰なのか、
分からないでいました。

乗り越えてきたこと

大学を卒業しても、

仕事をするというイメージが出来ず
また学校に行ったり、留学したり、
バックパッカーになったりしていました。
それでも、自分が誰なのか、

いつも疑問に思っていました。
転々と仕事を変えた後、

こんな私でも人の役に立ちたいと思い

そのためには医療関係の仕事がいいと考え

ふたたび学校に行くことを決意。

看護師になりました。

忙しいけれど、多くの人と出会い、

様々な人生に触れ

学びを得ることができました。

忘れられない体験の中には

次のようなものがあります。

夜中に妊婦さんがくも膜下出血で運び込まれ

帝王切開と脳外科の手術を

時間差で行うことになりました。

手術は無事に終わったものの

まだ意識の戻らない患者様が

赤ちゃんの声には反応していると聞き

涙が止まりませんでした。

また

病気で失った体の部位を再建する

手術にかける患者様の思いに

感動させられたこともありました。

命の現場で働くことには

畏怖の念とともに充実感がありました。

それでも、自分とは何か、

という答えは出ないままでした。

占星術との出会い

たくさんの人との出会いの中で

占星術を学んでいるという

友人がいました。

彼女に頼んで初めて「星占い」ではなく

きちんとホロスコープを

読んでもらうことになりました。

占星術師に

自分のつらかった時期、

結婚した時期などを話したら
「あなたは

すごーくホロスコープ通りに生きてますよ」
自分がどうしても何かをしたい、

やらなければ!と思わせられる、

それが、子どものころ、

見上げていた星の影響なのか、
と思うと興味を持たずにいられませんでした。
それから星と宇宙について学びを重ねました。

命と時間

占星術を学びながら

医療関係の仕事をしているとき、

サービスを受けられる方も同僚も、

そして自分も

なぜ、もっと自分を大事にしていないのかが

わからなくなりました。

身体は一つしかないのに。

いま、

この人生を生きる時間は限られているのに。

それから、私は自分の人生を生きるために

進む道を変えました。
ホロスコープにはその青写真が描かれています。
設計図ではありません。
あなたという人は

あなた自身が作り上げていくのですから。
私は、

ホロスコープの上に描かれている青写真から
あなたが生きやすい方向をご一緒に考え、

提案します。
限られた時間の中で

あなたがあなたらしく過ごしていくために

占星術とタロットで
あなたの人生に気づきを

© 2017 by Mana. Proudly created with Wix.com 

  • Twitter Clean
  • Facebook Clean
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now